2024-05-04 【活動報告】2024年度第4回意見交換会を開催
2024-03-26 【活動報告】2024年度第3回意見交換会を開催
2024-02-22 【活動報告】2024年度第2回意見交換会を開催
2024-02-05 NHK総合「NHK NEWS おはよう日本」で当協議会企画の特別鼎談を放映!NHKは、国内のAI研究の第一人者と言われる松尾豊東京大学教授と養老代表理事、廣瀬特別顧問による稀代な鼎談に注目
2024-01-26 【講演・イベント】メタバース推進協議会が“メタバースとAI”をテーマにしたカンファレンスを開催
2024-01-17 【講演・イベント】東京大学寄付講座「VR/メタバース実践セミナー」において、小水陽介事務局長が講演
2024-01-12 【講演・イベント】日本テレワーク協会のアニュアルカンファレンスにて、小水陽介事務局長が、「メタバース社会実装に向けたトレンドと安心・安全なメタバース空間実現に向けたセキュリティガイドラインに関して」を講演しました。
2023-12-22 【活動報告】2023年度第11回意見交換会を開催
2023-12-19 【お知らせ】復興庁が進める地域の創造的復興にパートナーとして参加
2023-12-14 【活動報告】安心安全なメタバース空間の実現のため「メタバースセキュリティガイドライン第二版」を公開
2023-12-13 【活動報告】総務省:安心・安全なメタバースの実現に関する研究会にて、当協議会策定「メタバースセキュリティガイドライン第2版」を発表
2023-11-24 【活動報告】2023年度第10回意見交換会を開催
2023-10-28 【活動報告】2023年度第9回意見交換会を開催
2023-10-23 【講演・イベント】学生の社会実習にてメタバース体験・ワークショップを実施(第四商業高校)
2023-10-16 【講演・イベント】一般社団法人日本テレワーク協会のアニュアルカンファレンスにて、特別顧問 廣瀬通孝、及び、事務局長 市川達也が登壇予定
2023-09-30 【講演・イベント】学生の職業体験にてメタバース体験・ワークショップを実施(関西高等学校 eスポーツ部)
2023-09-26 【活動報告】2023年度第8回意見交換会を開催
2023-08-30 【講演・イベント】Luz湘南辻堂デジタル花火ワークショップにてメタバース講演・体験を実施
2023-08-27 【活動報告】2023年度第7回意見交換会を開催
2023-08-12 【講演・イベント】天文同好会のサークル活動にてメタバース体験・ワークショップを実施(明星大学・すばる天文同好会)
2023-08-05 【活動報告】学生の夏休みフィールドワークとして推進協議会への取材に事務局長 市川達也が対応(鷗友学園女子中学校)
2023-07-30 【講演・イベント】日経メタバースシンポジウムにて特別顧問 廣瀬通孝、及び、事務局長 市川達也が登壇
2023-07-28 【講演・イベント】学生の職業体験にてメタバース体験・ワークショップを実施(富山県立呉羽高等学校)
2023-07-15 【講演・イベント】東大メタバースラウンジにて事務局長 市川達也が登壇
2023-06-27 【お知らせ】【講演・イベント】メタバース講演・体験会・ワークショップのパンフレット公開
2023-06-27 【講演・イベント】6月講演分 学生の職業体験にてメタバース体験・ワークショップを実施(岡山県就実高校・岡山県立勝山高等学校・埼玉本庄第一高校・愛知県知多市立中部中学)
2023-06-26 【活動報告】2023年度第6回意見交換会を開催
2023-06-21 【お知らせ】生成AI活用普及協会と相互連携
2023-06-06 【講演・イベント】岐阜大学教育学部附属小中学校の生徒の皆様に日本科学未来館で事務局長市川が講演
2023-06-01 【お知らせ】「商業教育コンソーシアム東京」名簿登録
2023-05-31 【講演・イベント】5月講演分 中学生の修学旅行にてメタバース体験・ワークショップを実施(愛知県知多市立東部中学校・岐阜県岐阜市立長森南中学校・三重県桑名市立陵成中学校)
2023-05-22 【活動報告】2023年度第5回全体共有会を開催
2023-05-01 【団体加盟】防災DX官民共創協議会様に加盟
2023-05-01 【団体加盟】東京大学バーチャルリアリティ教育研究センターメタバースラウンジに加盟
2023-04-22 【活動報告】第4回意見交換会を開催
2023-04-21 【講演・イベント】一般社団法人無線LANビジネス推進連絡会(Wi-Biz)に事務局長市川達也が登壇
2023-03-31 【講演・イベント】一般社団法人無線LANビジネス推進連絡会(Wi-Biz)に事務局長市川達也が登壇予定
2023-03-29 【お知らせ】日本経済新聞に、特別顧問 廣瀬通孝氏のメタバースに関する記事が掲載
2023-03-27 【お知らせ】東京大学バーチャルリアリティ教育研究センターがメタバースラウンジを設立
2023-03-25 【活動報告】2023年度第3回意見交換会を開催
2023-03-17 【団体加盟】一般社団法人 日本テレワーク協会様に加盟
2023-03-09 【講演・イベント】高校生の職業訪問学習にてメタバース体験・ワークショップを実施(岡山県立岡山大安寺中等教育学校)
2023-03-08 【団体加盟】メタバースの標準化支援団体「Metaverse Standards Forum」に加盟
2023-03-01 【講演・イベント】『セキュリティフォーラム2023オンライン』に事務局長 市川達也が登壇
2023-02-25 【活動報告】2023年度第2回意見交換会を開催
2023-02-17 【活動報告】安心安全なメタバース空間の実現に向けたセキュリティガイドラインを一部公開
2023-02-03 【お知らせ】俳優の渡辺謙氏と養老代表理事のメタバースをテーマにした対談を、NHK総合「NHK NEWS おはよう日本」で放映!
2023-01-24 【活動報告】「地方創生×メタバース」をテーマにした活動方針を、2023年度メタバース推進協議会 第1回全体共有会で発表
2022-12-23 川森雅仁氏が特別顧問に就任
2022-08-08 Webサイトをリニューアル
2022-06-17 【活動報告】メタバース推進協議会とセキュアIoTプラットフォーム協議会がメタバース空間におけるセキュリティ指針の策定を開始
2022-03-28 メタバース推進協議会を設立

2024-05-04

【活動報告】2024年度第4回意見交換会を開催

4月26日に2024年度メタバース推進協議会第4回意見交換会(オンライン)を開催致しました。
第4回意見交換会では、地域社会のメタバースと日本の産業を活性化する生成AIの事例を加盟企業からご報告いただきました。

<ご講演テーマ・ご講演者>
●「メタバース×AI×Web3.0の可能性と日本における活用法」について
  NOBORDERZ FZE CEO久保武士(Rio)様
●「大分メタバース活用検討会の発足と今後の活動」について
  大分メタバース活用検討会 事務局 國宗宏敬様
●「メタバース×生成AIの産業適用(現場DX)状況」について
  株式会社ポケット・クエリーズ 代表取締役 佐々木宣彦様
●「メタバース推進協議会の活動報告」
  メタバース推進協議会 事務局長 小水陽介

地域の文化・産業を継承する地域社会メタバースの実装例と日本の産業を活性化する世界基準のメタバースや生成AIについて、加盟企業の具体的な活動を紹介いただきました。今後も、加盟企業がさらに連携を深められるよう、テーマの共有をさせていただきます。

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)
意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2024-03-26

【活動報告】2024年度第3回意見交換会を開催

3月22日に2024年度メタバース推進協議会第3回意見交換会(オンライン)を開催致しました。

第3回意見交換会では、“メタバース×AI”をテーマに、AI開発関連の加盟企業から「知っておきたい最新のAI関連情報と具体的な取り組み」をご報告いただきました。

<ご講演テーマ・ご講演者>
●「AI博覧会spring2024は何を伝えたか?」について
 株式会社Elith代表取締役 若林怜帆人様

●「今、知っておきたい生成AIエージェントの世界」について
 株式会社Elith ファウンダー&CTO 井上顧基様

●「活動報告と次回のご案内」
 メタバース推進協議会 事務局

最先端のAI開発者たちが集った「AI博覧会spring2024」の概況と自社の取り組みについて、若林様から「AI博覧会は何を伝えたのか?」と題してお話しいただきました。
また、「今、知っておきたい生成AIエージェントの世界」と題して、井上様からは、メタバースでも期待される生成AIエージェントがビジネスで活用されている具体的事例などを織り交ぜながら、AIがリードするDXからSXについてお話しいただきました。

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2024-02-22

【活動報告】2024年度第2回意見交換会を開催

2月22日に2024年度メタバース推進協議会第2回意見交換会(オンライン)を開催致しました。

第2回意見交換会では、以下発表・ご講演いただきました。

<ご講演テーマ・ご講演者>
●「1人1体デジタルヒューマン時代と研修について」
 DXHR株式会社 代表取締役社 前田一成様 

●「メタバースとAIで変わる美容業界について」
 一般社団法人デジタルサロン協会 事務局長 森越道大

●「活動報告と次回のご案内」
 メタバース推進協議会 事務局長 小水陽介

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2024-02-05

NHK総合「NHK NEWS おはよう日本」で当協議会企画の特別鼎談を放映!NHKは、国内のAI研究の第一人者と言われる松尾豊東京大学教授と養老代表理事、廣瀬特別顧問による稀代な鼎談に注目

NHK総合「NHK NEWS おはよう日本」(2024年1月26日放送)の番組内で、2024年第1回全体共有会(2024年1月25日開催)のテーマである“メタバースとAI”を、国内のAI研究の第一人者と言われる東京大学教授の松尾豊さんを迎えて、代表理事の養老孟司と国内のメタバースの第一人者と言われる特別顧問の廣瀬通孝が語ったコメントが紹介されました。

記事はこちらのリンクからご覧いただけます。

●NHK NEWSWEB特集リンク
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240126/k10014335171000.html

2024-01-26

【講演・イベント】メタバース推進協議会が“メタバースとAI”をテーマにしたカンファレンスを開催

 一般社団法人メタバース推進協議会(代表理事:養老孟司)は、2023年末に総務省にて発表した「メタバースのセキュリティガイドライン」に続き、メタバースの現在地としてAI時代の「メタバースの未来・地方創生と事業継承・外科医療DX・AI教育研修」の発表に加え、特別鼎談として養老代表理事と廣瀬特別顧問に松尾豊東京大学大学院教授を迎えた「2024年度メタバース推進協議会 第1回全体共有会」を、2024年1月25日(木)にグランハイアット東京にて開催しました。

 次世代の社会インフラとなるメタバースに向けて、小水陽介事務局長からメタバースによるAI時代の日本社会を見据えた活動方針と実行計画を報告しました。

 また、現実社会では未来のために解決しておきたい課題が複雑に絡み合っており、特に地方・地域社会の課題そのものが日本全体の縮図のようになっています。これに対し、国家的社会課題の地方創生に向けた足掛かりとして、全国の地域社会が抱える課題解決のハブ機能をめざす施策を発表しました。

施策① 「地域課題窓口」(仮)として、地方自治体と直接つながる窓口機能を開設予定

施策② 「メタバース課支援」(仮)として、地方自治体にメタバースセクションの開設をサポートする機能を提供予定

施策③ 「AI教育研修」(仮)として、自律アバター(デジタルヒューマン)を自らが制作体験することでAIへの深い理解促進と合わせて、加速する人口減少の対策になると期待されるAIエージェントの可能性を図る窓口を設置予定

以上の施策を通して、メタバース推進協議会が地域社会に寄り添う地方自治体の人材難にパートナーシップとして連携することを表明しました。

 一方で、世界基準のメタバース及びプラットフォームのあり方について、メタバースの技術面やプラットフォーマーの世界的動向の最新情報を報告。産学官民の有識者と連携しながら安心で安全なメタバースを運営する方々の支援に繋げたい強い想いを示しました。

2024年新春特別鼎談として、
 “メタバースとAI”が人の暮らしに何をもたらすのか?をテーマに、メタバース推進協議会の養老代表理事とVR研究の先駆者である廣瀬特別顧問に、AI研究の第一人者である内閣府AI戦略会議座長の松尾豊東京大学大学院教授を特別ゲストに迎え、未だかつてない顔ぶれで鼎談を実施しました。

 最新の社会課題に対してそれぞれの専門分野から率直な意見が交わされるなか、養老孟司代表理事からは、AIやメタバースなど新しい技術に期待を寄せながらも、「自分の頭で考えることが大切だ」と訴えました。一方でメタバースの空間において、養老孟司の知能を有する自律アバターが、現実の養老孟司と語り合ったら何が起きるのか?に、養老代表理事からは、「何ごともやってみなきゃわからんよ」、「やってみてわかることも出てくるだろう」などの言葉が飛び出し、この鼎談だけでは足りないほど話題豊富な三人による濃い内容となりました。

加盟企業による主な活動として、
・「地方創生」を事業継承×メタバースの観点から、協議会アンバサダーの伊藤眞理子氏が発表。また、具体的な地方課題の一例として、大分県が直面している「人口減少」の課題への活路として期待される新しい社会基盤の実現に向けて、大分メタバース活用検討会を発足すると安部永一郎氏が発表

・「ロボット手術から見えてきた外科医療DXの方向性」について、これからの医療におけるAIやメタバースを活用したユースケースの創出に向けて、メタバース推進協議会とともにコンソーシアムを発足したと藤田医科大学の須田康一氏が発表

・「メタバースの今日と未来」を韓国ロッテグループのメタバースを主導するCaliverseInc.のKIMA氏が、「CES2024」(米国ラスベガス:2024年1月開催)にて発表した最新のメタバースと日本進出を発表。更に、国内初となる実機による体験を会場内で提供

なお、2024年1月25日開催の「2024年度メタバース推進協議会第1回全体共有会」には、加盟企業、中央省庁、地方自治体、団体に加え、新たに加盟を希望する企業が多数参加しました。

2024-01-17

【講演・イベント】東京大学寄付講座「VR/メタバース実践セミナー」において、小水陽介事務局長が講演

2024年1月17日、東京大学寄付講座*として、東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター VR/メタバース実践寄付研究部門が主催する「VR/メタバース実践セミナー」(ハイブリッド形式)において、小水事務局長が「安心・安全なメタバース空間実現に向けたセキュリティガイドラインに関して」を講演しました。

また、この講座の講演者には、ほかに株式会社HIKKY*代表取締役CEOの舟越靖氏が、「VR事業化6年で生み出した価値の新しい挑戦~仮想空間から現実空間へアプローチする独自手法による効果~」を講演しました。 *東京大学寄付講座は、東京大学の教育研究の進展・充実を目的に、個人または団体の寄付による基金で運営さています。
*株式会社HIKKY:https://hikky.co.jp/

2024-01-12

【講演・イベント】日本テレワーク協会のアニュアルカンファレンスにて、小水陽介事務局長が、「メタバース社会実装に向けたトレンドと安心・安全なメタバース空間実現に向けたセキュリティガイドラインに関して」を講演しました。

 一般社団法人テレワーク協会*が主催した2024年1月11、12日開催の「JTAアニュアルカンファレンス」に、当協議会の小水陽介事務局長と廣瀬通孝特別顧問が登壇し、廣瀬特別顧問は「VRとテレワークとメタバース」を、小水事務局長は「メタバース社会実装に向けたトレンドと安心・安全なメタバース空間実現に向けたセキュリティガイドラインに関して」*を講演しました。

<2024年1月12日(金)DAY2 トップフォーラム>

※写真左から、一般社団法人テレワーク協会 栗原博会長、日本電信電話株式会社(NTT) 島田明代表取締役社長、当協議会廣瀬通孝特別顧問、小水陽介事務局長

*本講演に関する詳細は以下のURLをご覧ください。
JTAアニュアルカンファレンス2024|日本テレワーク協会 (japan-telework.or.jp)
日本テレワーク協会 (japan-telework.or.jp)

 当協議会と相互加盟をしている一般社団法人テレワーク協会は、「ICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークを、広く社会に普及・啓発することにより個人に活力とゆとりをもたらし、企業・地域が活性化できる調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する」ことを理念としており、当協議会が現実社会と連動するメタバースで実現をめざす活動理念と相違ないものと考えています。

 このたびは、両団体がそれぞれで進めている「テレワーク及びメタバースでの安心安全な環境構築に向けたセキュリティガイドライン」*を講演しました。

 また、テレワークの普及と将来像は、働き方の改革に留まらず、地方創生や地域格差の是正、二地域居住などを啓蒙することであり、それは当協議会がめざす“人間本来の暮らし方”を探求する現実社会連動メタバースの構想にもつながることを講演しました。

 これら理念とビジョンを共有する両団体は、これからも各領域の有識者に参画いただきながら、日常生活やビジネスに急速な変化をもたらす次世代テクノロジーの現状と可能性を皆さまと共有してまいります。

*本ガイドラインに関する詳細は以下のURLをご覧ください。
japan-telework.or.jp/news/newsrelease_20220425/
「メタバースセキュリティガイドライン第2版」を公開 – JAPANSecuritySummit Update

2023-12-22

【活動報告】2023年度第11回意見交換会を開催

12月22日に2023年度メタバース推進協議会第11回意見交換会(オンライン)を開催致しました。

第11回意見交換会では、以下発表・ご講演いただきました。

<ご講演テーマ・ご講演者>

●「スズキグループのお客様向けVR/NFT取り組み事例紹介」
 マルチ・スズキ・インディア・リミテッド Digital Enterprise 池田英一
 スズキ株式会社 IT本部 デジタル化推進部 金原悠太

●「日印経済協力の高度化に向けて」
 経済産業省 通商政策局 福岡功慶 政策企画委員

●「2023年度活動報告、2024年取り組みテーマに関して」
 メタバース推進協議会 事務局長 小水陽介

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-12-19

【お知らせ】復興庁が進める地域の創造的復興にパートナーとして参加

 復興庁は、福島県浜通りにおいて、「創造的復興」の核となるF-REI(福島国際研究教育機構)の立地を契機として、最新のサイエンスやテクノロジーを積極的に活用し、当地域における生活環境(住宅、医療、教育、交通、買物・娯楽等)に係る地域課題の解消につなげるためのプログラム「浜通り復興リビングラボ」を開始しました。

 メタバース推進協議会は、復興庁のパートナーとして、この創造的復興に向けた実証事業を「メタバース+AI」を含むDXの側面から支援します。

 メタバース推進協議会が、地域の生活環境の課題を解消につながる実証事業に関わることは、日本人の生活文化の醸成、継承などによる”人間本来の暮らし方“の探求をめざすメタバース推進協議会の活動を推進することになります。

 また、生活者を主体とした日本独自の生活文化プラットフォームをメタバースで創り育てることを進めている当協議会としては、リアルな地域社会の未来に貢献できるテーマとした「地域社会における持続可能なまちづくり」を、産学官民が連携する「メタバース+AI」を含むDXの取り組みに合致すると考えています。

2023-12-14

【活動報告】安心安全なメタバース空間の実現のため「メタバースセキュリティガイドライン第二版」を公開

 一般社団法人メタバース推進協議会(メタバース推進協議会:代表理事 養老 孟司)は、一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC:会長 佐々木 良一)、一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP協議会:理事長 辻井 重男)と連携し、2023年2月に一部公開をした「メタバースセキュリティガイドライン」の第2版を発表します。

 メタバース推進協議会は、”人間本来の暮らし方“日本人の生活文化の醸成、継承など、生活者主体の視点で、日本独自の生活文化プラットフォームをメタバースで創り育てることを目指すことを理念とし、2022年6月よりメタバース推進協議会内に設置したセキュリティ分科会において、JSSEC、SIOTP協議会を中心に、各分野の専門家で議論を重ね、メタバースに関わるバリューチェーンを網羅的に整理し、ユースケースからセキュリティ課題を抽出し、その対策・運用を協議してきました。

 総務省と経済産業省にもオブザーバーとしてご参加いただき、さまざまなご意見をいただきながら、そのアウトプットとして発表するのが「メタバースセキュリティガイドライン第2版」です。

 本ガイドラインは、ユーザー/プラットフォーム事業者/コンテンツ事業者などの、メタバースに関わる全ての関係者に対して、情報セキュリティや利用環境上の課題と解決策を解説するとともに、安心安全にメタバースを利用・運用するために必要な要件を示します。

 さらには、本ガイドラインをベースに安心安全なメタバースプラットフォームを対象に、ガイドラインに記載される要件との適合性を検査し、認証する「メタバースセキュリティ認証制度(仮)」も検討し、皆様のご意見を伺いながら推進してまいります。

 メタバース推進協議会 セキュリティ分科会では、「メタバースセキュリティガイドライン」の普及を推進することにより、我が国のみならず国際的なメタバースの安心安全社会の実現に向けて貢献いたします。

▼メタバースセキュリティガイドライン(第2版)目次

1.ユーザー

1-1デバイス情報・個人情報の登録

1-2本人確認・本人認証

1-3決済情報の登録

1-4アバターの作成

1-5仮想空間へのアクセス

1-6仮想空間内での消費活動

1-7仮想空間内でのコミュニケーション

1-8仮想空間内での生産活動

2.コンテンツ(サービス)

2-1コンテンツの設計・制作

2-2ユーザーへの販売

2-3ユーザーによる利用

3.コンテンツ(アバター)

3-1アバター設計・制作

3-2ユーザーによる利用

4.コンテンツ(空間)

4-1空間設計・制作

4-2 空間へのデータ残留

4-3 空間内での体操デザイン

4-4ユーザーにより利用

5.プラットフォーム

5-1プラットフォームの設計・制作

5-2プラットフォーム間のインターオペラビリティ

5-3プラットフォームの提供

6.デバイス(一部作成中)

6-1デバイスの設計・制作

6-2ユーザーによる利用

7.インフラ(検討中)

7-1通信回線の接続

7-2通信回線の利用

8.デベロッパーサポート(検討中)

▼ダウンロードはこちら
【メタバース推進協議会】メタバースセキュリティガイドライン_総論第二版_20231214_v1.0

===============================================

【一般社団法人メタバース推進協議会】

当協議会は、メタバースは単一的なサービスに留まらず生活文化を形成、醸成していくものと捉えています。現実社会の人々の生活・営みをより豊かにするために“人のあるべき姿”を考え、新たな世界の形成が、現実社会の生活文化の健全な発展を目指します。

新たな生活文化を浸透させるためには、単一的なステークホルダに依存するのではなく、現実社会を支えている皆様と共に、“新たな世界としてのメタバース”を作り育てていきたいと考えています。

様々な企業・団体と連携しながら、人々の生活に根づくメタバースに向けた活動を推進していきます。

https://jmpc.jp/

===============================================

【一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会】

2011年5月 設立され、2012年4月に法人化された日本スマートフォンセキュリティ協会は、個人ならびにビジネス分野での普及、利活用が進む一方、さまざまなセキュリティ上の課題に直面しており、それらを解決し安心安全な普及促進を目指しています。今やスマートフォンなどの社会と人を繋ぐという重要な役割を果しています。これまでのスマートフォン自体の安心安全な利活用における普及啓発をはじめ、その先のクラウド、IoTや未来にあるICTの安心安全な普及啓発を行ってまいります。

https://www.jssec.org/

===============================================

【一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会】

セキュアIoT プラットフォーム協議会は、DX推進による変革を見据えて、日本の産業界の知見を集約することにより、IoTをはじめサイバーセキュリティ全般に関連する脅威を排除し、安心・安全な新社会基盤を創出する活動を展開します。特に国際標準や国の指針に定義されているセキュリティ要件を具現化するための実装レベルのガイドライン作りと標準化活動、ならびにそれらの普及促進を目的とした広報活動を推進します。

https://www.secureiotplatform.org/

===============================================

【問い合わせ先】

●一般社団法人メタバース推進協議会 事務局

担当:小水(こみず)

メール:jimu@jmpc.jp

●一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会 事務局

担当:仲上(なかがみ)

メール:press@jssec.org

●一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会 事務局

担当:白水(しろうず)

メール:info@secure-iot.org

 

2023-12-13

【活動報告】総務省:安心・安全なメタバースの実現に関する研究会にて、当協議会策定「メタバースセキュリティガイドライン第2版」を発表

 2023年12月に、当協議会のセキュリティ分科会は、日本スマートフォンセキュリティ協会、セキュアIoTプラットフォーム協議会と連携し、安心安全なメタバース空間の実現に向けた「メタバースセキュリティガイドライン第2版」を総務省:安心・安全なメタバースの実現に関する研究会(第2回令和5年12月13日開催)にて、発表しました。

 本ガイドラインは、ユーザー・プラットフォーム事業者・コンテンツ事業者などの、メタバースに関わる全ての関係者に対して、情報セキュリティや利用環境上の課題と解決策を解説するとともに、安心安全にメタバースを利用・運用するために必要な要件を示します。


 さらには、本ガイドラインをベースにした安心安全なメタバースプラットフォームを対象に、ガイドラインに記載される要件との適合性を検査し、認証するメタバースのセキュリティ認証制度も検討していきます。今後も、「メタバースセキュリティガイドライン」の普及を推進することにより、我が国のみならず国際的なメタバースの安心安全社会の実現に向けて貢献します。

*本ガイドラインに関する詳細は以下のURLをご覧ください。
https://japansecuritysummit.org/2023/12/8921/

2023-11-24

【活動報告】2023年度第10回意見交換会を開催

11月24日に2023年度メタバース推進協議会第10回意見交換会(オンライン)を開催致しました。

第10回意見交換会では、以下発表・ご講演いただきました。

<ご講演テーマ・ご講演者>

●「リコー音声対話エージェントのご紹介」
 リコー株式会社 デジタル技術開発センター 能勢将樹 博士(工学) 

●「XRの産業活用〜技能継承への道」
 株式会社ポケット・クエリーズ 佐々木宣彦 代表取締役

●「メタバース空間における取引の安全性 ~消費者保護の視点で~」
 TMI総合法律事務所 柴野相雄 弁護士

●「UAEにおけるメタバース環境及び外資規制・ドバイVirtual Asset関連規制等」
 TMI総合法律事務所 田中真人 パートナー弁護士

●「メタバース活用モデルケース創出に関して」
 メタバース推進協議会 事務局長 小水陽介

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-10-28

【活動報告】2023年度第9回意見交換会を開催

10月27日に2023年度メタバース推進協議会第9回意見交換会(オンライン)を開催致しました。

第9回意見交換会では、以下発表・ご講演いただきました。

<ご講演テーマ・ご講演者>

●「デジタルツイン、メタバースを実現する国産VRCGソフト~VRCG、WebVRでメタバース!」
 株式会社フォーラムエイト 松田克巳 執行役員

●「セキュリティガイドライン(総論レビュー2回目)の内容紹介」
 メタバース推進協議会セキュリティ分科会 一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協議会 仲上竜太 技術部会部会長、
 メタバース推進協議会セキュリティ分科会 一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会 白水公康 事務局長

●「メタバースの価値と活用に関して」
 メタバース推進協議会事務局(株式会社ドリームインキュベータ) 加藤節雄 執行役員、八木 ディレクター

●「一般社団法人メタバース推進協議会活動報告」
 推進協議会 事務局 小水陽介

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-10-23

【講演・イベント】学生の社会実習にてメタバース体験・ワークショップを実施(第四商業高校)

2023年10月6日、20日に第四商業高校の皆さん向けにメタバースのビジネス活用実習を行いました。
ワークショップやメタバース体験を通じて、「メタバース」の概念や、日本・世界の最新事例について学んでいただきました。

初めてゴーグルを被った生徒さんばかりで、講義や質問に緊張していましたが、メタバースを実際に体験し、緊張感がすぐ解けて、メタバースの没入感を思い存分楽しんでいました。
ワークショップでは、国内/海外の事例を参考にしながら、社会課題を解決するために自分たちならメタバースをどう活用するか?といったテーマを学生一人一人がアイデアを考え、発表を行うという活動を行いました。

メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-10-16

【講演・イベント】一般社団法人日本テレワーク協会のアニュアルカンファレンスにて、特別顧問 廣瀬通孝、及び、事務局長 市川達也が登壇予定

2024年1月12日に開催されます一般社団法人日本テレワーク協会のアニュアルカンファレンスに、弊協議会特別顧問 廣瀬通孝、及び、事務局長 市川達也が登壇します事をお知らせいたします。

二名合わせて50分の講演を実施する予定です。仮題として以下を講演予定です。
・特別顧問 廣瀬通孝:「VRとテレワークとメタバース」
・事務局長 市川達也:「メタバース社会実装に向けたトレンドと取り組み事例」

詳細が決まり次第、改めてお知らせいたします。

2023-09-30

【講演・イベント】学生の職業体験にてメタバース体験・ワークショップを実施(関西高等学校 eスポーツ部)

2023年9月23日に関西高等学校の生徒さんが、本協議会に職業体験等の一環としてキャリア学習にいらっしゃいました。

本協議会より、「メタバース」の概念や、日本・世界の最新事例について講演を行いました。そして、学生達から質疑応答や実例紹介を行い、メタバースへの理解を深めてもらうとともに、実際にメタバースの世界を体験をしてもらいました。

eスポーツ部出身の生徒さんはデジタル製品に慣れており、ゴーグルをすぐに使いこなせていました。国際宇宙ステーションやローラーコースターなどのアプリを体験し、メタバースの没入感を思い存分楽しんでいました。

メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-09-26

【活動報告】2023年度第8回意見交換会を開催

9月22日に2023年度メタバース推進協議会第8回意見交換会(オンライン)を開催致しました。

第8回意見交換会では、以下発表・ご講演いただきました。

<ご講演テーマ・ご講演者>

●「リアルと線でつながってこそ価値が生まれるメタバース」
 エックスデザイン合同会社 鈷芭志朗 代表取締役

●「VRを活用した演劇の可能性」
 VR演劇コミュニティ「メタシアター」 植木達也 担当、NPO法人VXLINK 早川悟司 担当

●「資金調達のトレンドから紐解くweb3.0の現在と未来」
 一般社団法人Crypto Base 奥雄太 代表理事

●「インターネット・ガバナンス・フォーラム2023」
 総務省 情報流通行政局 松岡遼太郎 参事官補佐

●「一般社団法人メタバース推進協議会活動報告」
 推進協議会 小水陽介 事務局長

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-08-30

【講演・イベント】Luz湘南辻堂デジタル花火ワークショップにてメタバース講演・体験を実施

2023年8月27日にLuz湘南辻堂で開催されたデジタル花火ワークショップに、弊協議会事務局長 市川達也がメタバース特別講演会を開催致しました。Social 5.0や、メタバースの適用先などについて、約20分間の講演を行いました。

本イベントの前段は、8月6日、7日、子ども達の夏休みのイベントとして、Luz湘南辻堂さん主催にてワークショップを開催しました。現実世界では子ども達には難しい「花火づくり」をメタバースの中で実現させるイベントでした。子供たちが描いた花火をデジタル化し、Clusterにアップロードし、8月27日の特別講演会の後に、花火の打ち上げをVRで視聴体験しました。

メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-08-27

【活動報告】2023年度第7回意見交換会を開催

8月25日に2023年度メタバース推進協議会第7回意見交換会(オンライン)を開催致しました。

第7回意見交換会では、以下発表・ご講演いただきました。

<ご講演テーマ・ご講演者>

●「メタバース開発に関する取組みのご紹介」
 プレソフト・システム・コンサルティング株式会社 宮田海斗 コンサルタント

●「地域社会とメタバースの共存社会へ向けて」
 株式会社OX 國宗宏敬 専務取締役・メタバースアドバイザー

●「令和5年度 京都府メタバース関連事業」
 京都府商工労働観光部 ものづくり振興課 恩地亨 地域産業戦略係

●「一般社団法人メタバース推進協議会活動報告」
 推進協議会 市川達也 事務局長

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-08-12

【講演・イベント】天文同好会のサークル活動にてメタバース体験・ワークショップを実施(明星大学・すばる天文同好会)

2023年8月9日に明星大学・すばる天文同好会の生徒さんが、本協議会大手町オフィスにサークル活動の一環として社会学習にいらっしゃいました。

市川事務局長より「メタバース」の概念や、日本・世界の最新事例について講演を行いました。そして、市川事務局長の話を受けて学生達から質疑応答や実例紹介を行い、メタバースへの理解を深めてもらいました。最後に生徒の皆様にゴーグルを被ってもらい、実際にメタバースの世界を体験をしてもらいました。

天文学好きな生徒さんでしたため、国際宇宙ステーションのアプリを体験させていただきました。バーチャル環境で宇宙ステーションを体感していただけたと共に、メタバースの没入感を楽しんでいただけました。

メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-08-05

【活動報告】学生の夏休みフィールドワークとして推進協議会への取材に事務局長 市川達也が対応(鷗友学園女子中学校)

2023年8月2日に鷗友学園女子中学校の生徒さんが、現代社会の授業でメタバースについてのプレゼンテーションを行うための情報収集に、本協議会大手町オフィスに取材にいらっしゃいました。

市川事務局長及びスタッフが、本協議会を紹介した上、生徒さんと質疑応答形式で、メタバースの現状やこれから、社会に対するインパクトをお話させていただきました。また、メタバースに限らず、デジタルトランスフォーメーションについても生徒さんと軽くディスカッション致しました。

メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-07-30

【講演・イベント】日経メタバースシンポジウムにて特別顧問 廣瀬通孝、及び、事務局長 市川達也が登壇

2023年7月27日に日経ホールで開催された日経メタバースシンポジウムに、弊協議会事務局長 市川達也が登壇致しました。「国内外のメタバース最新動向・事例紹介」というテーマで、約20分間の講演を行いました。

メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-07-28

【講演・イベント】学生の職業体験にてメタバース体験・ワークショップを実施(富山県立呉羽高等学校)

2023年7月25日に富山県立呉羽高等学校の生徒さんが、本協議会大手町オフィスに職業体験等の一環としてキャリア学習にいらっしゃいました。

市川事務局長より「メタバース」の概念や、日本・世界の最新事例について講演を行いました。講演内容を受けて学生達から質疑応答や実例紹介を行い、メタバースへの理解を深めてもらいました。最後に生徒の皆様にゴーグルを被ってもらい、実際にメタバースの世界を体験をしてもらいました。

初めてゴーグルを被った生徒さんが多かったのですが、すぐに使いこなせていました。国際宇宙ステーションやローラーコースターなどのアプリを体験し、メタバースの没入感を思い存分楽しんでいました。

メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-07-15

【講演・イベント】東大メタバースラウンジにて事務局長 市川達也が登壇

2023年7月11日に東大メタバースラウンジで開催されたセミナーに、弊協議会事務局長 市川達也が登壇致しました。「国内外のメタバース最新動向・事例紹介」というテーマで講演を行いました。

メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、ホーム画面右側にある『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-06-27

【お知らせ】【講演・イベント】メタバース講演・体験会・ワークショップのパンフレット公開

 一般社団法人メタバース推進協議会は、メタバース講演・体験会・ワークショップのパンフレットを作成、公開いたしました。

 弊協議会では、メタバースの普及浸透のため、企業・団体・学校などに対し、メタバース講演や体験会などを実施してまいりました。これまでは、ご相談都度、ご要望に応じて実施してまいりましたが、昨今口コミなどにより、多くのお問い合わせをいただくようになりました。そこで、パンフレットとしてまとめましたので、ここで公開させていただきます。

メタバース講演・体験会・ワークショップのパンフレット

なお、詳細を知りたい場合については、右メニュー「お問い合わせ」よりご連絡ください。



<講演・体験会・ワークショップ開催にあたって>

 映画やゲームでも当たり前になってきた仮想空間やアバター。デバイスの進化と共に実社会でも様々なメタバースの取組みが始まっており、近い将来、メタバースでのビジネスが当たり前になるといわれています。

 その一方で、メタバースに触れたことがない方もまだまだいらっしゃり、「しょせんゲームでしょ?」、「なんだかよく分からず不安・・・」といった声も聞かれます。

 そこで、一般社団法人メタバース推進協議会では、メタバースの普及浸透のために、『メタバースとは何か?』を知っていただく、考えていただく機会をご提供できれば幸いです。

2023-06-27

【講演・イベント】6月講演分 学生の職業体験にてメタバース体験・ワークショップを実施(岡山県就実高校・岡山県立勝山高等学校・埼玉本庄第一高校・愛知県知多市立中部中学)

 2023年6/7(水)に岡山県就実高校、6/13(火)岡山県立勝山高等学校、6/16(金)埼玉本庄第一高校、6/20(火)愛知県知多市立中部中学の生徒さんが、本協議会に職業体験等の一環としてキャリア学習にいらっしゃいました。

 市川事務局長より「メタバース」の概念や、日本・世界の最新事例について講演を行いました。そして、市川事務局長の話を受けて学生達から質疑応答や実例紹介を行い、メタバースへの理解を深めてもらいました。最後に生徒の皆様にゴーグルを被ってもらい、実際にメタバースの世界を体験をしてもらいました。

 初めてメタバースの世界を体験する学生さんも多かったですが、学生さんの多くはすぐにゴーグルを使いこなし、メタバースの没入感を和気藹々とした雰囲気で楽しんでいました。

岡山県立勝山高等学校:講演拝聴
愛知県知多市立中部中学:質疑応答
埼玉本庄第一高校:メタバース体験(ジェットコースター体験)
岡山県就実高校:メタバース体験(国際宇宙ステーション体験)

尚、弊協議会では修学旅行生など学生の訪問受け入れを積極的に行っております。メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、右メニューの『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-06-26

【活動報告】2023年度第6回意見交換会を開催

6月23日に2023年度メタバース推進協議会第6回 意見交換会を開催致しました。

第6回意見交換会では、以下発表・ご講演いただきました。

<ご講演テーマ・ご講演者>

●「メタバース推進協議会2023年度上期取り組み報告」事務局長 市川

●「オムニアバター~人体データの真実性と精確性、そしてメタバースへの展開~」
 株式会社VRC 謝 英弟 代表取締役社長

●「地方創生×メタバース」
 特定非営利活動法人バーチャルクロスリンク役員 兼 MXN編集部 植木 達也 役員

●「都市デジタルツインが実現するメタバース」
 国土交通省都市局都市政策課 内山 裕弥 課長補佐

上:メタバース推進協議会2023年度上期取り組み報告,
下:オムニアバター~人体データの真実性と精確性、そしてメタバースへの展開~
上:地方創生×メタバース
下:都市デジタルツインが実現するメタバース

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、右メニューの『入会案内』よりご連絡お願いいたします。

2023-06-21

【お知らせ】生成AI活用普及協会と相互連携

一般社団法人メタバース推進協議会は、生成AI活用の社会実装を目的にスキルの習得・可視化を推進する、一般社団法人生成AI活用普及協会と相互連携したことをお知らせいたします。

本連携により、「デジタルコンテンツの知的財産権」をテーマにした協議を推進する分科会を設置することで、生成AIとメタバースを安全・安心に活用できるような社会を目指して参ります。

記事はこちらのリンクからご覧いただけます。
PR TIMES記事リンク
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000098315.html

2023-06-06

【講演・イベント】岐阜大学教育学部附属小中学校の生徒の皆様に日本科学未来館で事務局長市川が講演

2023年5月26日(金)に岐阜大学教育学部附属小中学校の生徒の皆様に日本科学未来館で事務局長市川が講演しました。

日本未来科学館で登壇しました

「未来の社会について」というテーマで、法政大学の野田岳仁 准教授の講演に続いて、事務局長の市川がメタバースの世界が今後どのように現代社会と結びついていくかについて講演を行いました。

参加生徒の皆様はメタバースと今後の社会の展望について真剣に検討、積極的な質問や素晴らしい意見を発表していただきました。

尚、弊協議会では修学旅行生など学生の訪問受け入れを積極的に行っております。メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、右メニューの『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-06-01

【お知らせ】「商業教育コンソーシアム東京」名簿登録

一般社団法人メタバース推進協議会は、「商業教育コンソーシアム東京」に名簿登録された事をお知らせします。

■商業教育コンソーシアム東京  https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/content/consortium_tokyo/consortium_tokyo.html

「商業教育コンソーシアム東京」は、都立商業高校生がビジネスを実地に学べる機会を拡充するために、企業や地域社会と共同し必要な授業支援を行う組織として、東京都教育委員会が平成30年7月に設置。都立商業高校に通う生徒の資質・能力の伸長を願い、企業や地域社会から御協力を得て、商業高校との連携が円滑かつ継続的に続くよう、橋渡しのお手伝いをします。

「商業教育コンソーシアム東京」 リーフレットhttps://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/school/content/consortium_tokyo/files/consortium_tokyo/leaflet_2.pdf

今後本協議会は、商業教育コンソーシアム東京様への名簿登録を通じて、

都立商業高校のキャリア形成支援を行いつつ、次世代へのメタバースの普及・浸透を推進していきます。

2023-05-31

【講演・イベント】5月講演分 中学生の修学旅行にてメタバース体験・ワークショップを実施(愛知県知多市立東部中学校・岐阜県岐阜市立長森南中学校・三重県桑名市立陵成中学校)

2023年5月24日(水)に愛知県知多市立東部中学校、5/25(木)に岐阜県岐阜市立長森南中学校、5/31(水)三重県桑名市立陵成中学校の生徒さんが本協議会に修学旅行学習の一環としてキャリア学習にいらっしゃいました。

 まず、市川事務局長より「メタバース」の概念や、日本・世界の最新事例について講演を行いました。そして、生徒の皆様にゴーグルを被ってもらい、実際にメタバースの世界を体験をしてもらいました。最後に、自分たちの将来や現在の社会問題を解決する為に、メタバースをどのように活かしていくべきかを考えてもらうワークショップを実施しました。

 3校ともワークショップを通じて感じた事を自分達なりにまとめ、積極的に質疑応答をしてくださり、とても和気藹々とした雰囲気で開催することができました。

上:知多市立東部中学校グループ①映像視聴
下:知多市立東部中学校グループ②質疑応答
岐阜県岐阜市立長森南中学校ワークショップ体験
三重県桑名市立陵成中学校ワークショプ体験

尚、弊協議会では修学旅行生など学生の訪問受け入れを積極的に行っております。メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、右メニューの『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-05-22

【活動報告】2023年度第5回全体共有会を開催

5月22日にRED° TOKYO TOWERにて2023年度メタバース推進協議会第5回全体共有会を開催致しました。

第5回全体共有会では、以下発表・ご講演いただきました。

<ご講演テーマ・ご講演者>

●「メタバースの現在地」特別顧問 廣瀬通孝

●「文部科学省でのメタバースの取り組み紹介」文部科学省 大臣官房政策課政策推進室 根津 純也 室長補佐

●「メタバース上のコンテンツ等をめぐる新たな法的課題等に関する論点の整理(案)」について」内閣府知的財産戦略推進事務局 塩原 誠志 参事官

●「鳥取県の挑戦~DXそしてメタバース~」鳥取県平井 伸治 知事

————————————————————————————————–

弊協議会の理事達にもご登壇いただきました。
「メタバースの現在地」特別顧問 廣瀬通孝
「文部科学省でのメタバースの取り組み紹介」文部科学省 大臣官房政策課政策推進室 根津 純也 室長補佐
「メタバース上のコンテンツ等をめぐる新たな法的課題等に関する論点の整理(案)」について」内閣府知的財産戦略推進事務局 塩原 誠志 参事官
「鳥取県の挑戦~DXそしてメタバース~」鳥取県平井 伸治 知事
「閉会挨拶」 事務局長 市川

また、当日来場いただいた方々には

株式会社VRC様、株式会社ワントゥーテン様のご提供によるアバター制作体験や

RED° TOKYO TOWER様のe-sports体験という、体験型コンテンツにもご参加いただきました。

アバター制作体験の様子

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

 意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、右メニューの『入会案内』よりご連絡お願いいたします。

2023-05-01

【団体加盟】防災DX官民共創協議会様に加盟

一般社団法人メタバース推進協議会(以下、「本協議会」と称する)は、防災DX官民共創協議会様に加盟した事をお知らせします。

■防災DX官民共創協議会 https://ppp-bosai-dx.jp/

防災分野におけるデータ連携等の推進を通じた住民の利便性の向上を目指し、防災分野のデータアーキテクチャの設計やデータ連携基盤の構築等の検討を行う協議会

会員リスト一覧 https://ppp-bosai-dx.jp/#members

今後本協議会は、防災DX官民共創協議会様への加盟を通じて、防災におけるメタバース空間の活用検討やガイドライン整備など、メタバース空間内での生活文化・コミュニティの形成、ビジネスの普及・促進のための活動を推進していきます。

2023-05-01

【団体加盟】東京大学バーチャルリアリティ教育研究センターメタバースラウンジに加盟

一般社団法人メタバース推進協議会は、東京大学バーチャルリアリティ教育研究センターメタバースラウンジ様に加盟した事をお知らせします。

ネットワーク上に展開したVRを使って創出されるコミュニケーション空間(メタバース空間)の情報提供や取り組みに関する情報共有を行う場をつくり、メタバースを積極的に活用した未来の社会の在り方について有識者や学生、ラウンジ協賛会員で議論することを目指します。

■東京大学バーチャルリアリティ教育研究センターメタバースラウンジ
https://vr.u-tokyo.ac.jp/lounge/

国立大学法人東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター(以下:VRセンター)が、2023年6月1日にメタバースの情報共有やビジョン共有を目的とする「メタバースラウンジ」を設立。

2023-04-22

【活動報告】第4回意見交換会を開催

4月21日に2023年度メタバース推進協議会第4回意見交換会をオンライン開催致しました。

第4回意見交換会では、以下発表・ご講演いただきました。

・「メタバース観光の実現に向けて」溝畑宏 常任理事

・「メタバース最新海外動向のご紹介〜2022/3/28開催の世界経済フォーラムから抜粋報告〜」事務局

・「メタバース取り組み事例紹介①~東大VRセンターメタバースラウンジ設立~」

東京大学 相澤清晴教授

・「メタバース取り組み事例紹介②~中小企業のメタバース利用における補助金活用~」

株式会社btobee代表取締役 中村研士郎様

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

上:東京大学 相澤清晴教授、下:株式会社btobee代表取締役 中村研士郎様

意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、右メニューの『入会案内』よりご連絡お願いいたします。

2023-04-21

【講演・イベント】一般社団法人無線LANビジネス推進連絡会(Wi-Biz)に事務局長市川達也が登壇

2023年4月20日に開催された一般社団法人無線LANビジネス推進連絡会(Wi-Biz(ワイビズ))の「第11回企画・運用委員会セミナー」に、弊協議会事務局長 市川達也が登壇致しました。「現実社会連動メタバースの実装に向けて」というテーマで約50分間の講演を行いました。

(詳細はこちら) https://www.wlan-business.org/archives/4032


 メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、右メニューの『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-03-31

【講演・イベント】一般社団法人無線LANビジネス推進連絡会(Wi-Biz)に事務局長市川達也が登壇予定

2023年4月20日に開催されます一般社団法人無線LANビジネス推進連絡会(Wi-Biz(ワイビズ))の「第11回 企画・運用委員会セミナー」に、弊協議会事務局長 市川達也が登壇します事をお知らせいたします。

●一般社団法人無線LANビジネス推進連絡会主催「第11回 企画・運用委員会セミナー」

日時:2023年4月20日(木)14:00~15:45

主催:一般社団法人無線LANビジネス推進連絡会

場所:WebexによるWebinar

参加費:無料

テーマ:今回は「メタバースの現在の状況と具体的事例」と題し、メタバースの最新動向や具体的事例を業界リーダから学ぶ機会の提供と、セミナーを通じてメタバースのビジネス利用への気づきとWi-Fiや端末など通信環境作りへの期待についてのWebinar(オンライン)となります。

(詳細はこちら) https://www.wlan-business.org/archives/4032

事務局市川からは、「現実社会連動メタバースの実装に向けて」というテーマで約50分講演予定でございますので、ご興味のある方は上記URLからお申込みください。

 尚、メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、右メニューの『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

2023-03-29

【お知らせ】日本経済新聞に、特別顧問 廣瀬通孝氏のメタバースに関する記事が掲載

日本経済新聞(朝刊)、日経BizGateにメタバースに関する弊協議会 特別顧問であり、日経メタバースコンソーシアム未来委員会座長でもある廣瀬通孝氏(以下、「廣瀬氏」と称する)のインタビュー記事が掲載されました。

<記事URL>メタバース実装の機熟す 廣瀬通孝・東大名誉教授 https://bizgate.nikkei.com/article/DGXZQOCD241XG024032023000000?channel=BSH11000

記事の中ではメタバース社会の法整備や社会基盤の話を中心に、未来社会の総括と展望について、廣瀬氏の考えをお話しされています。メタバースがこれから目指すべき方向性として、「(前略)メタバースで新しい社会の仕組みやルールをつくる意義は大きい。 そのためにメタバースは最終的に信頼できる安定した社会基盤になる必要がある」と発言されております。

弊協議会としてもメタバース空間内での生活文化・コミュニティの形成、ビジネスの普及・促進のための活動を推進していきます。

2023-03-27

【お知らせ】東京大学バーチャルリアリティ教育研究センターがメタバースラウンジを設立

国立大学法人東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター(以下:VRセンター)が、2023年6月1日にメタバースの情報共有やビジョン共有を目的とする「メタバースラウンジ」を設立し、2023年4月1日より協賛企業の募集を開始します。

本協賛事業では、ネットワーク上に展開したVRを使って創出されるコミュニケーション空間(メタバース空間)の情報提供や取り組みに関する情報共有を行う場をつくり、メタバースを積極的に活用した未来の社会の在り方について有識者や学生、ラウンジ協賛会員で議論することを目指します。

メタバース推進協議会は、本協賛事業の意義に賛同し、メタバース空間内での生活文化・コミュニティの形成、ビジネスの普及・促進のための活動を支援します。

本件お問合せ先:東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター(https://vr.u-tokyo.ac.jp/)
           電話:03-5841-3766 (活動内容についてのお問い合わせ)
           Email:(質問全般)lounge-info@vr.u-tokyo.ac.jp

2023-03-25

【活動報告】2023年度第3回意見交換会を開催

3月24日に2023年度メタバース推進協議会第3回意見交換会をオンライン開催致しました。

第3回意見交換会では、以下発表・ご講演いただきました。

・「メタバース最新海外動向のご紹介〜2023/1/5-8開催のCES2023@Las Vegasから抜粋報告〜」事務局

・「地方自治体ヒアリング中間報告」事務局

・「メタバース取り組み事例紹介①~まちづくり×メタバース~」

  隈研吾建築都市設計事務所 松長知宏様

・「メタバース取り組み事例紹介②~メタバースを活用した目標達成事例~」

  株式会社ワールド・コラボ・ジャパン 柏森大様

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

「メタバース取り組み事例紹介②~メタバースを活用した目標達成事例~」
 株式会社ワールド・コラボ・ジャパン 柏森大様
隈研吾建築都市設計事務所 松長知宏様より取り組み事例の紹介(投影資料一部抜粋)

意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、右メニューの『入会案内』よりご連絡お願いいたします。

2023-03-17

【団体加盟】一般社団法人 日本テレワーク協会様に加盟

 一般社団法人メタバース推進協議会(以下、「本協議会」と称する)は、一般社団法人日本テレワーク協会様と相互加盟した事をお知らせします。

■一般社団法人日本テレワーク協会 https://japan-telework.or.jp/

ICT(情報通信技術)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方であるテレワークを、広く社会に普及・啓発することにより個人に活力とゆとりをもたらし、企業・地域が活性化できる調和のとれた日本社会の持続的な発展に寄与する。

 

今後本協議会は、日本テレワーク協会様との相互加盟を通じて、テレワークにおけるメタバース空間の活用検討やガイドライン整備など、メタバース空間内での生活文化・コミュニティの形成、ビジネスの普及・促進のための活動を推進していきます。

2023-03-09

【講演・イベント】高校生の職業訪問学習にてメタバース体験・ワークショップを実施(岡山県立岡山大安寺中等教育学校)

 2023年3月8日(水)に、岡山県立岡山大安寺中等教育学校の高校生15名が本協議会に職業訪問学習にいらっしゃいました。

 「メタバース」の概念や、日本・世界の動向について講演を行い、実際にメタバースの世界を体験をしてもらいました。そしてその体験を通じ、自分たちの将来や現在の社会問題を解決する為に、メタバースをどのように活かしていくべきかを考えてもらうワークショップを実施しました。

 高校生たちは、ゴーグルによるメタバース空間の体験は初めてにも関わらず、すぐに順応し、空間を楽しみながら、どういう空間だったら面白い、こういう風に使ったらこういう社会問題を解決できるのではないかといった活発な議論を交わしていました。

 

 Z世代の88%はオンラインゲーム等を通して既に仮想空間内で交流を行っています1。本協議会では今後のメタバースを担う次世代に向けた顧客体験の実現など、生活者が主体となるメタバース世界の実現に貢献してまいります。

 

 尚、メタバースに関する講演やワークショップ、メタバース体験などをご希望の場合は、右メニューの『お問い合わせ』よりご連絡お願いいたします。

■事務局長 市川による講演

本協議会の説明をはじめ、「メタバース」の概念や、身の回りの生活にどのように生かされているのか
今後どのように発展していくのかについて講演しました。

■メタバース体験

VRゴーグルを着用し、実際にVRの世界を体験してもらいました


1 Z世代の88%がすでにメタバースを経験。最新調査5枚のスライドが示唆する「Web3エンタメ」の可能性.” Business Insider Japan, 20 June 2022, https://www.businessinsider.jp/post-255281. Accessed 10 March 2023.

2023-03-08

【団体加盟】メタバースの標準化支援団体「Metaverse Standards Forum」に加盟

 一般社団法人メタバース推進協議会は、メタバースの標準化支援団体「Metaverse Standards Forum」へ加盟した事をお知らせします。

 Metaverse Standards Forumは、業界企業と標準化団体の間で「オープンで包括的なメタバースのための相互運用性標準の開発を促進するための標準化団体と企業の協力の場」というビジョンを掲げ、2022年6月21日に発足した国際的なフォーラムです。ホストを務めるのは多数の3DCGに関わる業界標準化を主導してきたクロノスグループです。他にもプリンシパル・メンバーとして、すでにMetaやEpic Games、Unity、Google、Microsoft、HTC、Huawei、Intel、NVIDIA、クアルコム、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)などを筆頭に、多数の企業が参画しています1

※Metaverse Standards Forumホームページ:https://metaverse-standards.org/

 今後本協議会は、Metaverse Standards Forumへの加入を通じて、メタバース空間内での生活文化・コミュニティの形成、ビジネスの普及・促進のために、世界標準と連動したガイドライン整備、ルールメイキング戦略などを推進していきます。

​​

 1主要プレイヤーら多数参画の「Metaverse Standards Forum」に注目集まる。新規加入企業・団体が急増.” Mogura VR, 30 June 2022, https://www.moguravr.com/metaverse-standards-forum-2/. Accessed 10 March 2023.

2023-03-01

【講演・イベント】『セキュリティフォーラム2023オンライン』に事務局長 市川達也が登壇

2023年3月1日に開催された『セキュリティフォーラム2023オンライン』に

弊協議会事務局長 市川達也が登壇いたしました事をお知らせいたします。



◆『セキュリティフォーラム2023 オンライン』

産業用途での活用が進む「メタバース」、セキュリティとプライバシー保護は?

~ メタバース活用とセキュリティを考える ~


◆講演内容 

「地方創生からニッポン創成へ」 ~メタバースが実現の可能性を広げる~

メタバースの海外におけるビジネス利用シーンのご紹介。

その上で日本におけるメタバースの可能性についても触れていきました。

グラフィカル ユーザー インターフェイス

自動的に生成された説明

2023-02-25

【活動報告】2023年度第2回意見交換会を開催

2月24日に2023年度メタバース推進協議会第2回意見交換会をオンライン開催致しました。

第2回意見交換会では、以下発表・ご講演いただきました。

・「メタバース最新海外動向のご紹介〜2022/12/6開催の世界経済フォーラムから抜粋報告〜」事務局

・「セキュリティガイドライン(総論)の内容紹介」

  一般社団法人 セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP協議会) 白水公康様

  一般社団法人 日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC) 仲上竜太様

・「メタバース取り組み事例紹介①~メタバースの可能性~」

  株式会社 Gonmura 代表取締役 高崎幸太郎様

・「メタバース取り組み事例紹介②~融合未来への土台づくり~」

  有限会社 北麓 代表取締役 藤橋俊昭様

当日の資料につきましては会員専用HPに掲載しておりますので、そちらからご参照いただくことが可能です。(会員企業・団体限定)

上:一般社団法人 セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP協議会) 白水公康様
下:一般社団法人 日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC) 仲上竜太様
上:株式会社 Gonmura 代表取締役 高崎幸太郎様
下:有限会社 北麓 代表取締役 藤橋俊昭様

 意見交換会参加や会員加盟に関するお問合せは、右メニューの『入会案内』よりご連絡お願いいたします。

2023-02-17

【活動報告】安心安全なメタバース空間の実現に向けたセキュリティガイドラインを一部公開

一般社団法人メタバース推進協議会(メタバース推進協議会:代表理事 養老 孟司)では、昨年(2022年6月)よりセキュリティ分科会を設置し、一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会(SIOTP協議会:理事長 辻井 重男)、一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC:会長 佐々木 良一)を加えた3団体が連携して、メタバース空間におけるセキュリティガイドラインの検討を推進して参りました。

本ガイドラインは、総務省と経済産業省をオブザーバーに迎え、各分野の専門家で議論を重ね、メタバースに関わるバリューチェーンを網羅的に整理し、ユースケースから課題を抽出し、対策・運用を協議してきました。

この度、その成果のひとつとして一部を公開いたします。

 

<今回公開するセキュリティガイドラインのユースケース>

  • 「本人認証・本人確認」:第三者がメタバース上で、本人になりすましアバターを登録するなど
  • 「サービスコンテンツの販売」:作成するコンテンツが偽物の空間でデリバリーされてしまうなど
  • 「デバイスの設計・制作」:デバイスの脆弱性を踏み台としたDOS攻撃の発生など

 

ダウンロードはこちら▶︎メタバース推進協議会_セキュリティガイドライン_一部公開版_20230217

 


尚、本ガイドラインについては生活者視点で安心安全なメタバースの社会実装を目指すべく、加盟企業との意見交換会や実証実験などを通じて精査しております。

来る2023年3月1日(水)に、『セキュリティフォーラム2023年オンライン』が、「産業用途での活用が進む「メタバース」、セキュリティとプライバシー保護は?」というテーマで開催されます。

この度のフォーラムは加盟企業だけでなく、一般の方々にも広くご参加いただけるようにいたしました。この機会にメタバースとセキュリティにご興味のある方は、是非ともご参加のほどよろしくお願いいたします。

 

イベントページはこちら▶︎ 3月1日開催『セキュリティフォーラム2023 オンライン』 

 


新たな生活文化を浸透させるためには、単一的なステークホルダに依存するのではなく、現実社会を支えている皆様と共に、“新たな世界としてのメタバース”を作り育てていきたいと考えています。

様々な企業・団体と連携しながら、人々の生活に根づくメタバースに向けた活動を推進していきます。  

 

セキュアIoT プラットフォーム協議会は、DX推進による変革を見据えて、日本の産業界の知見を集約することにより、IoTをはじめサイバーセキュリティ全般に関連する脅威を排除し、安心・安全な新社会基盤を創出する活動を展開します。特に国際標準や国の指針に定義されているセキュリティ要件を具現化するための実装レベルのガイドライン作りと標準化活動、ならびにそれらの普及促進を目的とした広報活動を推進します。 

 

2011年5月 設立され、2012年4月に法人化された日本スマートフォンセキュリティ協会は、個人ならびにビジネス分野での普及、利活用が進む一方、さまざまなセキュリティ上の課題に直面しており、それらを解決し安心安全な普及促進を目指しています。今やスマートフォンなどの社会と人を繋ぐという重要な役割を果しています。これまでのスマートフォン自体の安心安全な利活用における普及啓発をはじめ、その先のクラウド、IoTや未来にあるICTの安心安全な普及啓発を行ってまいります。 


 

【本件問い合わせ先】

一般社団法人メタバース推進協議会 事務局 

  <担当>市川(いちかわ)、小水(こみず)     <メール>jimu@jmpc.jp

一般社団法人セキュアIoTプラットフォーム協議会 事務局 

  <担当>白水(しろうず)、江辺(えべ)      <メール>info@secure-iot.org 

一般社団法人日本スマートフォンセキュリティ協会 事務局担当

  <担当>田上(たがみ)              <メール>press@jssec.org 

 

*記載されている製品名、社名は各社の商標または登録商標です。

2023-02-03

【お知らせ】俳優の渡辺謙氏と養老代表理事のメタバースをテーマにした対談を、NHK総合「NHK NEWS おはよう日本」で放映!

NHK総合「NHK NEWS おはよう日本」(2023年2月3日放送)の番組内で、俳優の渡辺謙氏と代表理事の養老孟司の異色対談が放映されました。

記事はこちらのリンクからご覧いただけます。
●NHK NEWSWEB特集リンク
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230202/k10013966941000.html

●NHK Youtubeチャンネルリンク
https://www.youtube.com/watch?v=J2G6Po14p6U

2023-01-24

【活動報告】「地方創生×メタバース」をテーマにした活動方針を、2023年度メタバース推進協議会 第1回全体共有会で発表

未来のニッポン創成に向けた「地方創生×メタバース」をテーマとした活動方針を、
1月23日に開催した「2023年度メタバース推進協議会第1回全体共有会」で発表しました。

記事はこちらのリンクからご覧いただけます。
PR TIMES記事リンク

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000098315.html


2022-12-23

川森雅仁氏が特別顧問に就任

 一般社団法人メタバース推進協議会(代表理事:養老孟司)は、当協議会におけるガイドライン作成において国際標準化に向けた推進のために、慶應義塾大学 大学院政策メディア研究科 特任教授であり、ITU-T*で電子医療のラポーター、WHOでエキスパートを務める川森雅仁氏が当団体特別顧問に就任したことをお知らせします。

*ITU-T:国際連合の専門機関である国際電気通信連合の電気通信標準化部門

【プロフィール】

川森 雅仁 Kawamori, Masahito
慶應義塾大学 大学院政策メディア研究科 特任教授

■ 経歴概略

NTT研究所において、AI研究、脳研究、電子医療、次世代ネットワーク、放送通信連携、
固定無線連携等の研究開発、実証、実用化に従事。(社)電波産業会(ARIB)、
(社)情報通信技術委員会(TTC)、 国連ITUでラポーターおよび議長としてIPTV、電子医療とアクセシビテ
ィ標準化に従事。WHOエキスパート、W3CでHTML5標準化。2013年より現職。

2022-08-08

Webサイトをリニューアル

Webサイトをリニューアル致しました。

2022-06-17

【活動報告】メタバース推進協議会とセキュアIoTプラットフォーム協議会がメタバース空間におけるセキュリティ指針の策定を開始

記事はこちらのリンクからご覧いただけます。

PRTIMES記事リンク

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000098315.html

2022-03-28

メタバース推進協議会を設立

記事はこちらのリンクからご覧いただけます。

PRTIMES記事リンク

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000098315.html